新潟県・メガネの朝日堂・大島店  浅野隆之 


先日、県内北部から遠路を跳ね上げメガネを探して44歳の男性がお越しになりました。

このかたは近視で遠方用のメガネをお使いなのですが、
パソコン作業が多く、遠方用のメガネを掛けると画面がぼけてしまうのでいので、
いつもメガネをおでこに上げてパソコンをご覧になっていたそうです。

 不便だな、と思っているときにテレビで「なぎらけんいち」が
メガネを跳ね上げているのを見て「これだ!」と思ったそうです。
新潟市内の店では跳ね上げメガネを置いているところがほとんど無く
「取り寄せならできる」と言われて諦めたそうです。

 でも、何とかしたいと思って、ネットで探したら跳ね上げメガネ研究会を見つけて、
当店にたどり着いた、とのことです。

 お選びいただいたフレームはPL-23のハーフリムですが、
天地が深いので、この年齢のかたにはちょっとおじさんくさくていまひとつです。
そこで、これはハーフリムなので玉型の下半分は形や大きさを自由に変えられますから、
レンズの天地を浅めに玉型を改造しました。

 度数は
R=S-1.50 C-0.50 Ax95°
L=S-1.50 C-0.50 Ax95°
   OCD R=32.0  L=31.5

 1.6屈折のプラレンズでお作りしました。

 ご注文をいただく時点では、できあがりの形はすぐには示せませんでしたが
「あなたに任せる」と言われて、玉入れ加工のときには、
一生懸命にスマートなものをと頑張りました。

 遠方のお客さまでしたので、できあがったものを宅急便で送りましたら、
本日「とても良い形になった」と、感謝のメールが届きました。
跳ね上げの具合も良いそうです。

レンズの形を若々しく


跳ね上げメガネ販売記へ戻る

跳ね上げメガネ研究会 トップページへ戻る